昼下がりのマダム

アクセスカウンタ

zoom RSS ときめいていたので、歳を忘れてまして・・・

<<   作成日時 : 2008/12/12 15:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日、あるオペラ歌手の歌を聞く機会がありまして。友人と一緒に、プロのオペラ歌手の歌声を聞いてきました。



私の知っている人は、バリトンですが、素晴らしかったです。全身に音楽がしみこんで来るような、感覚に襲われました。寺山修司さん作詞の「悲しくなったときは」を歌われましたが。



言葉をかみ締めながら、情緒たっぷりに歌い上げられて、生きてて良かったなー・・と思いましたわ今日は、その余韻を体に感じつつ家事をこなし、歯医者に行ってきたのだが。



コアラママ、歯医者さんがとても嫌いでして。ついでに甘いものは大好きなのです。今まで、随分、虫歯の治療をしたのですが。最近、ときめくことが多くて、歯医者さんを後回しにしていたら・・・


今日、先生から(とても紳士的な歯医者さん)「この虫歯は、根っこをやられていますから、入れ歯にするか?ブリッジにするかしか方法がないですねー・・」と言われてしまった。


この秋は、100年に一度の不況と言うのに、「ときめき」を感じて過ごしていたから、うっかり歳を忘れてました。今年の流行語は「アラフォー」とか。コアラママも、その年代のつもりで過ごしていたのです。


見た目は、それくらいでいけるだろうと。。。が、口の中までは駄目でした。とうとう一本、入れ歯になるようだわ。悲しくなって、恥ずかしくて「この歳で入れ歯の人はいますか?」と思わず聞いてしまった。



歯医者さんの奥様、とても驚いて「えー、もっとお若い方で、入れ歯の人、たくさんいますよ」と言ってくれました。でもこれからは、自分の歯を大事にします。肌や髪の毛は、鏡で見れるから、何とかするのだが、歯までくると困るのだ。


でも、まだ、白髪は少しで染めたことは一度もなし、肌も今は乾燥気味ですが、どちらかというと色白、もっちり雪肌ですよ。更年期は、いろいろと心身ともに、何かが起きるのです。


「ときめき」がおきた・・くらいでよかった、入れ歯、一本でよかった、これで末期の癌だったら、皆さんに「さよなら」ですわ・・と気持ちを切り替えました。こういう文章も書くので、左翼ではないと思うなー・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
生きていて良かったという感動をつみかさねて人生を送りたいものです、今日もいい出会いがあるかも。
ぶんぶく
2008/12/16 10:02
ぶんぶく様、今日、NHKのスタジオパークでかねてより私が騒いだいたジェロさんと秋元順子さんが出られました。何でも今週は、紅白特集とか。


秋元順子さんの声はハスキーで声量もたっぷりとあり、心に響く歌声でした。一々、初出場で61歳と年齢を言ってましたが、歳を言う必要はないわね。40代でも61歳のような雰囲気の人はいますから。年末、派遣切りなど悲しい話が多くて心を痛めてました。秋元さんの歌は、生きてて良かった・・と思える良き歌でしたよーーー。。歌との出会いも大事ですね
コアラ
2008/12/16 14:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ときめいていたので、歳を忘れてまして・・・ 昼下がりのマダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる