昼下がりのマダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ぐるりのこと」の感想

<<   作成日時 : 2009/07/11 21:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前から気になっていた「ぐるりのこと」という映画、今頃、ツタヤで借りてきて見たのです。で、一言、感想というか・・手短に。木村多恵さんは、以前から、好きな女優さんでした。で、彼女、この映画に最適だったと思うのです



リリーフランキーさんが夫役なんだけど、いい加減な人のようで、心の痛みのわかる男として描かれていて、こういう人が傍にいてくれたら、うつ病患者は救われるね・・と思いました。自殺者が多く、人をたくさん殺して自分を死刑に・・という事件も多く、胸を痛めています。



こういう観点から、物事を見ていくという、たとえば、働く貧困層とか、病歴があって職業につけない・・とか雇用の面での政策が無かったような気がするのだが、今回の都議選です。とにかく、叫んで、とにかく名前を連呼して、吠えてました。



家で聞いていたが、何をしたいのか?結局、わからなかった。ただ一つ、だけでもいいのです。自殺者を少なくするような社会を目指します・・でもよく、心のケアを充実させたい・・でもよく。でも我が家の周りの立候補者は、吠えて叫んでうるさいだけで・・・投票には行きますけどね。



木村多恵さんは、子供を妊娠し、そして流産し、次第に心の風邪というかうつの状態にはいるのです。丁寧に時間をかけて作られていましたよ、映画の話。で、しばらくして、少しよくなってから、お寺さんでお茶を習う場面があり、その和尚さんがこんなことを言われまして。女の和尚さん。



「絵を描くというのも技術でしょうが、生きていくのも技術だよ」・・正確では無いのだが、こんことを言われまして。それをブログに書いておこうと思ったのです。



何となく、幸せそうに見える家庭でも、何かしらの悩みや苦しみは個々人が持っているのだが、そこを何とか、生きていく・・今日も無事に何とか生きました・・というのは、本当はすごいことではないかしら???そういう時代に生きてます。



先ほど、小田急で人身事故がありました。「死にたくなる」というお気持ちは、もちろんわかります。今日は鬱の友人から、そういう電話ももらいました。コアラママ「生きてるだけで、いいんだよ・・」同じ事を言ったのです。



生きていくことは、苦しいかもしれないが、それでも、何とか技術や知恵を働かせ、命が尽きるまで生きていこうね・・と言いたいコアラママです。


PS:政界の方は、生きることが苦しいと感じない種族でしょうか?議員落選は、応えるでしょうが・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ぐるりのこと」の感想 昼下がりのマダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる