昼下がりのマダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「沈まぬ太陽」を見てきました。

<<   作成日時 : 2009/10/24 21:53   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

今日は、寒い土曜日でした。何故か、朝から、カバが掃除や洗濯やら、バタバタ動きまして。それで、コアラママ、目が覚めました。覚めて体調もよかったので、思い切ってカバと二人で映画を見てきたのです。

先日、渡辺謙さんが、「笑っていいとも」に出られて、邦画で休憩時間が入るモノは40年ぶりとか・・と話されてまして。山崎豊子原作の大ベストセラーの映画化です。お金もかかっているし、謙さんが移動した距離も相当らしい。で、思い切って、カバと見てきました。


カバは51歳ですから、夫婦で見ると、二人で2千円で見れるのです。土曜日、10時半からですから、すいてまして来ているのは、皆さん年配の方。シニア割引もありますから。


カバも私も、原作はもちろん、読んでいるのです。すでに主人公恩地をやるのは、渡辺謙さんと知っています。後は、豪華な顔ぶれが並んでいました。10時半から始まり、途中10分の休憩が入り、終わりましたのが14時でした。案外、あっと言う間に過ぎましたけど。


久しぶりのせいか?音の大きさに困りました。飛行機の轟音が出てきますので。それと主人公が、労働組合の委員長をやった関係で、その後、長い左遷人生を歩むのですが。左遷と言っても、仕事があるなら、まだいいわ・・と何故か感じたのは、今の労働環境が以前より劣悪だからでしょうね・・・


全体的に、よく出来た映画であると思います。謙さん以下、ライバルの行田をやった三浦友和さんも良かったと思います。ただ、原作は、もっとあの航空会社の内面、裏側をどろどろと描いていたと思うのだが。そこは、やはり映像としては出てこなかった。


1985年、8月に起きたあの事故から、もう24年立ったのだな・・と思いつつ、この会社を今、また、何とか救済しようとしていることに(税金使うわけですわ)不思議な運命を感じました。


渡辺謙さんとアフリカはよく似合ってました。それと最近何かとでてくるパキスタンのカラチ、イランのテヘラン、彼はどこにいても存在感を出せる俳優さんです。カバは一言言いました。「いい映画だった」と。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「沈まぬ太陽」堂々の大河ドラマ、プライドは捨てないということ...
「沈まぬ太陽」★★★★ 渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二 若松節朗監督、202分、2009年、2009-10-24公開 ...続きを見る
soramove
2009/11/02 20:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ご夫婦で映画、いいですね。あの映画、私も観てみたいと思っているのですが。
酔流亭
2009/10/27 09:21
酔流亭様、おはようございます。カバと二人で映画を観たのは、息子が生まれてから初めてであったと気がつきました。子供中心に映画を観にいっていたカバです。私は、かってに一人、ぶらりと観るタイプ。

カバが50歳を超え、夫婦でどちらか一人が50以上なら、二人で2千円と知ってから、ずっと誘っていましたが。のってこなかったのだが、「沈まぬ太陽」は原作を読んでいるし、事故を思い出し、観てきました。
520?の遺体の棺が体育館に並ぶシーンは、圧巻といいますか。夏だからにおっただろうし、指だけの人もいたろうし。。。
渡辺謙さんの舞台での号泣の気持ちもよくわかる映画でした。カバに号泣したのよ・・と言ったら、映画では泣いてなかった・と不思議な返事で。とほほですわ。
それ以上、追求をしないのが夫婦で仲良く暮らすヒントだわ
コアラ
2009/10/27 10:26
私も感想を書いてみました。
peaceオジサン@茅ヶ崎
2009/11/18 00:15
peaceオジサン@茅ヶ崎様、拙ブログを読んでくださってありがとうございます。さっそく、おじ様のブログを拝見します。
コアラ
2009/11/18 07:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「沈まぬ太陽」を見てきました。 昼下がりのマダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる