昼下がりのマダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 羽毛田宮内庁長官は、どんなお気持ちで発言したのか?

<<   作成日時 : 2009/12/15 13:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も東京地方、とても寒いです。寒い中、ボーナスが出ないでローンを払えなくなった人々、たくさんいると思います。今、鳩ポッポがやることは、景気対策だとしみじみ思っているコアラです。が、こういう時に限って、困ったことが起こりますね。


先ほど、ネットを見ていたら、小沢さん、羽毛田長官、どちらの意見を支持するか?」では圧倒的に羽毛田長官でした。が、コアラは、少し違った見方をしています。確かに昨日の小沢さんの会見は、少し傲慢な感じがしました。「官僚のくせに何を言うか・・」という感じでしょうか。



一言書くなら、羽毛田長官は何故、記者会見などしたのでしょうか。あえていろいろな細かい内容まで話す必要はどこにあったのでしょう。この発表があれば、友好親善のための会見もギクシャクしたものになる・・とは考えなかったのでしょうか。


「まげて、陛下にお願いした」ということ事態が、すでに政治的ではないのでしょうか?これに関して、佐藤 優さんが書かれている記事がありました。コアラママも、その通りではないか・・と思います。




佐藤 優さん「眼光紙背」の記事から引用
+++++++++++
しかし、会見について1カ月ルールを定め、外交の手足を縛ること自体がきわめて政治的行為であることに羽毛田氏は気づいていないようだ。


 羽毛田宮内庁長官が、尊皇のまこと心をもって天皇陛下をお守りしているのかどうかということが問われているのだ。習近平氏の会見を受けるべきでないと羽毛田長官が職業的良心に基づいて考えるならば、「私はそのようなお願いをすることはできません。どうしてもというならば、私を解任してください」と言って頑張るべきだ。そして、解任されても、言い訳をせずに静かに去っていくべきと思う。身を挺して、天皇陛下が政治の嵐に巻き込まれないようにすることが宮内庁職員の仕事ではないか。羽毛田長官が経緯説明という名目で記者会見を行ったことによって、天皇陛下が政治問題に巻き込まれてしまったというのが真相だ。



 14日、<民主党の小沢一郎幹事長が、宮内庁の羽毛田信吾長官の発言を「辞表を出してから言うべき」と批判した>(12月14日産経新聞電子版)が、当然のことと思う。羽毛田氏は、選挙で選ばれた政治家ではなく、内閣によって任命された官僚だ。鈴木宗男衆議院外務委員長が<私は陛下のご了解を戴いたのにもかかわらず、その日程のやり取りを表沙汰にした羽毛田宮内庁長官は尊皇精神に欠けていると言いたい。陛下のご健康、ご体調を軽々に平場で口に出すのはいかがなものか>(12月1日付ブログ「ムネオの日記」)と述べているが、その通りと思う。



小沢氏の対応に問題があると考えるならば、国民は次の選挙で、小沢氏並びに同氏と考え方を同じくする民主党の議員を落選させるという形で、影響を行使することができる。これに対して、羽毛田宮内庁長官をはじめとする官僚は、身分保障がなされているので、国民の力によって排除することはできない。南北朝時代、北畠親房、楠木正成など南朝の忠臣は身を挺して後醍醐天皇をお守りした。この精神で宮内庁職員は天皇陛下をお守りすべきと思う。(2009年12月15日脱稿)
+++++++++++++++

こういう意見は今は、少ないのでしょうか。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
羽毛田宮内庁長官は、どんなお気持ちで発言したのか? 昼下がりのマダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる