昼下がりのマダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 不思議な電話とFAX

<<   作成日時 : 2010/03/11 16:35   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

午前中、不思議な電話がありました。コアラママ、気温の変化にもついていけないし、今日から生理だから、余計イライラしてまして。で、その電話の内容は・・というと。



女性の声で涼やかな感じ(いやな雰囲気ではなかったのですよ)「私は・・・と申しますが。掛け軸や古い着物、古い宝石など、売りたいと思っているならば、買取をしております。何か、御用は?・・・」と言ったと思うのだが。正確ではありません。これに似たようなことを言ったのです。



別に我が家に古い宝石や古い着物があるわけがなし・・なんでうちに電話が掛かってきたのかしら?と心底、不思議でした。ですから、なにやら、まだ、話そうとしていましたけど、そうだ!パンフレットを送っても良いか?と聞いてキマシタが、コアラママ「結構です、うちは」と言って切ったのです。


イ・ビョンホンさんが出ていた「美しい日々」を見ていたのだから。仕方がない。もう少し違う時間なら、お話だけでも聞いたかもしれません。 で、電話を切って、少し経つと、今度はFAXが送られてきた!これも、何度も席を立って、電話を取ってFAXとわかる有様で。



ただのFAXなら、別にほっておきますが。我が家にはFAXはめったに来ません。思わず、見ていて不思議なことに気がつきました。あて先が「・・・・特別養護老人ホーム様」と書いてありまして。内容はさっきの電話とは、全く違うのです。「FAXを買うと一台、いくらか?」と言って内容で。




問題は、あて先ですね。我が家ではないの。うちは、家で親を介護していません。カバの方は二人、無事、見送りましたし。我の母も弱ってますが。特養に入れるほどではない。 この電話とFAXの関係からすると、・・・特養老人ホームに親を入れたご家族のところに電話しているのか?と疑いまして。



だって、急に古い掛け軸、古い着物、古い宝石など、困っていたら買い取ります・・と電話が来たから。別に特養に入れてはいけないとは思いません。皆さん、なんらかの事情があるでしょうから。 でもその業者さんから、名簿らしき物?が出て行って、「ふるい物買取ます」と電話をかけるのは、いかがなものでしょう?




生きてる間に、いろいろ処分という気持ちもわかりますよ。昔の方は「捨てれない方が多いから、何でもかんでも大事にしまう傾向があるでしょう?でも、それをビジネスにしなくても・・・と思ったコアラママです。 FAXを送ってきた会社に「うちは特養では、ありません。FAXを止めて欲しい」といったら、「すみません。先ほどの電話は部署の違うものが間違って電話しまして」と涼やかな女性の声でした。



悪意は無いのだろうが。なんとも嫌な電話とFAXです



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不思議な電話とFAX 昼下がりのマダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる