昼下がりのマダム

アクセスカウンタ

zoom RSS クローズアップ現代「人質事件・高遠さんのイラク」

<<   作成日時 : 2010/03/03 21:49   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

夕方、急に気がつきました。クローズアップ現代で「高遠さんのイラク」をやるのを。で、カバも見るというので一緒に見たのですが。カバはお酒が入っているせいもあって、すでに「どんな事件だったか?」と言いましたわ。



コアラママは、とても強烈な印象を持っているのです。「人質事件」が起きまして、その後、かえってきた高遠さんたちに対する自己責任論の嵐、まるで人格までも否定するかのようなバッシングの嵐、あれは、横から見ているコアラママにもとても怖いバッシングでしたよ。


ですから、6年たったとは言え、高遠さんが、この人質事件と「自己責任論」を忘れるはずがない・・まだ傷は癒えていないだろう・・と思っています。


番組、冒頭で言われましたね。「あの時の自己責任の意味あいは、死ね!だと思います」「生きて帰ってきたからいけないのだ」  「生きて帰ってきたのが間違いだった、だから、こんなに責められる。家族も・・」と高遠さんは言いました。



たぶん、あの時のバッシングの中には、そのような意味合いを含んだ物もあったでしょう。自衛隊を派遣したばかりのときに、武装勢力が、派遣を止めるように要求したことも大きな要因ですね。退避勧告が出ていたのに行ったのは自分が悪い・・という感情。



日本での批判は、日本の政府に迷惑をかけるな・・無駄な税金を使うな・・など、かなり強烈な物であったのを今も思い出します。 あの時の選択肢は「生きる」「死なない」「自殺しない」というわずかなものしかなかった。生きるということは、イラクになってしまった・・という高遠さん。



高遠さんには、イラクの友人達からいろんなメッセージがあったようです。「信じてください、あなたを誇りに思います」とね。そして、高遠さんは言うのです「一番、泣き言を言わせてもらったのもイラク人かも」と。



今でも高遠さんは、日本人の前で話すことに脅えを感じています。でも去年から、人前で発言するようになりました。「初めてあったイラクの人が、私があの時の人質だと知ると、皆が驚き、関係がないにも関わらず、決まって謝罪してくれます」と高遠さんは言われました。



謝罪されると、癒されるのです・・ともね。6年間、イラクの市民の人々のために支援そ続けてきたた高遠さんですが、彼女もイラクを必要としていたのですね。
 今までは日本人を避けてきた・・2009年は日本人と向き合うときです・・とも言ったかな。



最後に、江川詔子さんが出てきて、彼女のことと人質事件、及び、自己責任論に関して、述べられました。「あの時の自己責任は、迷惑をかけるな・・弱音を吐くな」という感じがありました。ですが、弱音を吐かないで生きてきて、こん日の生きにくい日本があるのではないだろうか???



「あなたのことを心配していますよ」という心と行動、それが一番、弱い立場の人達には助けになる・・体験から高遠さんは学ばれたと思います。



日本でもやっと政権交代が行われました。あのイラク戦争は、一体、なんであったのか?考えようという動きが世界で起きています。イギリスでは、公聴会も開かれてブレアは指が少し震えたようだ・・・



日本でも、イラク戦争は何であったのか?何故、罪もない一般の人々が今もなお多く死んでいるのか?一度、考ええ立ち止まってみる時期に来ている・・・そういう気持ちになりました。彼女のような行動力は持っていないけど、彼女のボランティアを支援している・・そういう日本の人は多いのではないだろうか???



コアラママの知る限り、地上波のテレビでこれほど長く、イラクに関して報道した物は、今のところ見ていません。イラクはすでに過去になりつつあります。過去ではなく、現在、まだ戦いは続いていて負傷者は出ていることを日本の皆も考えることが大事だと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クローズアップ現代「人質事件・高遠さんのイラク」 昼下がりのマダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる