昼下がりのマダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「プレシャス」

<<   作成日時 : 2010/04/17 01:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

真夜中ですが、みぞれが降ってます。やっと息子が帰ってきました。この時間に帰宅しても明日、大会が武道館であるので、6時には家を出ないといけないとか・・・気の毒だが、自分で決めた道だから頑張ってね。


ところで、先ほど、TBSのニュース23を久しぶりに見ました。「村上春樹さんの特集」をやるようだから、見ようかなと思ったのですが。実は、彼の本はあまり読んでいないのです。今年こそ読もうかな・・と思っているのだが。



その後の映画の話題の方が、ずっと引き込まれてしまいまして。 今年、アカデミー賞は、キャスリンビグローという美しい白人の女性が、監督賞を受賞し、「ハートロッカー」が作品賞を取りました。そのことで、うっかり忘れていたのだが。


「プレシャス」という映画に出た、黒人の女性、10代のガボレイさんは初めての映画出演で、アカデミー助演女優賞を取りました。ガボレイさんは150キロという体重で、家族から虐待を受け、父からレイプも受け2人の子どもを出産するという役をこなしました。(実話であると思います)



彼女、ガボレイさんが、今、日本に来ているようだわ。アメリカの貧困と肥満は大きな関係がありますね。貧乏であればあるほど、油っこい物を食べる・・その光景が映画に出ているようだ。



先日、一人で「サヨナラ イツカ」を見に行きました。その時、映画館でもらった紙に、これから上映予定も物が書かれていたのですが。一番、強くひきつけられたのが「プレシャス」だったのです。



貧困の中で生まれ、育ち、教育もあまり受けず、肥満となっていく女の子、ガボレイさんが、見事に演じた映画であり、実話であることが一番の理由です。実際の彼女は、大きくて堂々としていて、輝いて見えました。日本にいることが信じられないとも言ってました。


オバマ政権がかかげる政策の一つに貧困問題があります。そして全ての子どもに教育を・・その政策が実施されたら、どれほど素晴らしいだろう・・・という感情がわく映画ではないだろうか?彼女の演技、是非、見たいと思いました。そして、全ての子ども達に、夢と希望を持って生きて・・と思うコアラです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「プレシャス」自分には、この映画の意味が分かりませんでした
「プレシャス 」★★★☆ ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン主演 リー・ダニエルズ監督、109分 、 2010年4月24日公開、2009,アメリカ,ファントム・フィルム (原題:PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE ) ...続きを見る
soramove
2010/05/08 21:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「プレシャス」 昼下がりのマダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる