昼下がりのマダム

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の東京新聞・こちら特報部>安保のあり方、国民議論の時

<<   作成日時 : 2010/05/14 15:13   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

5月も半ばだと言うのに、何だか寒い風がふいています。昨日は草津では雪が積もったとか。気温の変化についていけず、体調を崩す人も多いでしょう。何故か、政治家は元気な人が多いような気がします。


今日の東京新聞・こちら特報部は、大変、よろしいので。そのお知らせです。一部分しか見れないようだけど。つまり「中国脅威」は的外れ? 結局は「沖縄差別」と書かれています。国内植民地、ゆえに基地「負担」とも。



太田元沖縄県知事は、「日米安保条約は日本全国どこにでも基地をおけるという内容で「基地は沖縄に作る」なぞとはどこにも書いていない」と言われています。「鳩山さんは普天間問題を解決する責任を果たすまで辞めるべきではない。(略)最近のメディアは鳩山たたきがひどすぎる。もっと長い目で見て日本の将来にとって何が一番よいのか?今こそ、国民全員で考える時だ」と言われています。(東京新聞・特報部より引用)



記事です
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
尖閣を中国が占拠しても、アメリカはなにもしないっていうことになってます。その代わりに台湾に武器を売ってもなにも言わないで。。で、お互い握手です。アメリカの武器屋さんは大歓喜。脅威はありません。
台湾を国でないことを決定して、中共を国としたのはアメリカです。もしもの「台湾有事」には、海兵隊は台湾にいるべきですが、それができない。で、やはり沖縄。アメリカと日本現政権が連合した「大差別」です。確かに安保条約に「沖縄条項」はないです。フィリッピンは使用協定期限切れで、時の議会が決議したし、米軍は基地を更地にし、出て行き、部隊はゼロになりました。国内のインフラも劣り、自前での基地維持費とそれに政府に金銭援助をもうしたくないアメリカだったわけです。要求されてたのでしょう。さっぱりする時はするいかにもアメリカらしい話です。
フィリッピンは軍隊は超貧弱ですが、中国がいきません。
脅威は武器仲介屋のリベートのためにありますね。
さとし君
2010/05/15 03:06
さとし君様、コメントありがとう。今日は沖縄返還から38年の日だそうです。しかし、返還と言えるだろうか???素直になれませんわ。

本当は「また君に恋してる」という歌の話、書くはずでしたが、喉風邪ひいたため精魂つきました。
皆様、健康に気をつけてくださいませ・・・
コアラ
2010/05/15 13:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の東京新聞・こちら特報部>安保のあり方、国民議論の時 昼下がりのマダム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる