アパパネ・サンテミリオン・GI史上初の1着同着

今日は、雨です。朝から鳩ポッポを怒る報道が多いのですが。だから、コアラママは今日は沖縄も鳩ポッポも書きたくありません。書くなら、鳩でも牛でもなく馬ですね。昨日のこのレース、テレビで見れなかったけど、ニュースでは知りました。



で、今日の東京新聞の朝刊一面では、この写真の感じだと、サンテミリオンが有利なんだけど。一体、どんなレースだったのか?首をかしげていたのだが。朝、ワイドショーで見ることができました。レースを見ないと、どうにもコメントのしようがありません。



よく騎手の方、ゴールの時、勝ったか負けたか、わかると聞きますけど。レースを見る限り、内側から来たサンテミリオンが勝ってますね。横山さんも勝ったと思ったのではないだろうか。一度、抜かれたアパパネの方をほめた方がいいのかもしれない。



抜かれても、レースを諦めることなく最後まで必死ではしってます。気迫で勝ったという感じかな。鼻が伸びてます、アパパネは、下げてるときにゴールで。サンテミリオンは鼻をあげてる時がゴール。尻では、サンテミリオンの方が先に行ってるもの。



こんなことってあるのですね。2400メートル走ってきた馬、2頭、同着ですから。騎手の海老名さんもよく頑張りました。人馬一体とはこういうことを言うのでしょう。馬だって、このくらいは頑張ります。抜かれても、抜いても、どちらも最後まで気迫の走りです。鳩にも、見習ってほしいと思ったコアラママでした。



PS:最近の鳩ポッポは、もはややる気をなくしていないか?昨日のレース、見ることを勧めます。雌馬だけどね。


関連記事です
http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20100523-OHT1T00168.htm



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック