大統領ブレーン「スミス氏・・・」>報道ステーション

スミスさんというアメリカの女性が、「県内移設は無理」と言ってます。この人の意見は是非、聞きたいですわ。


こういう考えを持っている大統領のブレーンもいるわけだ。でも彼女は日本に「持続可能な基地」と言いました。そして日本の国内(沖縄以外の県)に基地負担の気持ちがあるうのか、どうか・・とも言っていました。


その根拠となるのが、北朝鮮の件なのだけど。今日は、頭痛がひどくて、あまりテレビもパソコンも見ていませんが。韓国の大統領が、とても怒っている。そういう会見をおこないました。もちろん、見せてもらいました。お気持ちはとてもわかります。



選挙のためにも、ここは、一発、ガツンと言っておいた方がいいと思うわけです。でもね、本気で韓国政府が北朝鮮と戦争を始めるということはとても考えにくい。そんなことをすれば、米軍がホイホイと出ていきます。今日のNHKのニュースは、米韓の合同練習を映していました。



とても緊迫した状況である・・・ということをより、一層、強める報道であったと思います。こういうきな臭い報道が出る時は注意した方がいいと思うわけです。北朝鮮は、とにかく、気合で戦う!と叫んでいますが。そんな無茶は、今すぐするとは思えない。



どちらにせよ、韓国の船が沈没した事件、北の仕業と言い切り、そして、朝鮮半島が危険だ!のもと、沖縄には海兵隊が是非、必要となったようです。しかも、元の場所にね。これは、沖縄の人々が許しませんね。ですから、新たな基地はできません。(先に米国とだけ意見を合わせてもどうにもならないのに、何を考えているのか?)



それが民主主義だ・・・とスミス女史も言いました。  鳩ポッポの期待は消えましたが、沖縄の人々の気持ち、及び怒りは消えない・・と思った夜です。書かないと言いましたけど。これだけテレビの報道がすごいと、書かざるおえませんね。


テレビ報道というのは、とても怖いものでして。そのことを考えながら、見た方がいいと思いますよ。



この記事へのコメント

2010年05月25日 00:10
スミスさんの話をくわしく知りたいですね。
いずれにせよ、東西冷戦もなくなり、米軍再編は、日本が考えたことではなく、情勢と自分の力と兵器の進歩に合わせアメリカが考えたことです。グァムに海兵隊司令部が行くのです。海兵隊も佐世保の艦艇が迎えに来なければ、何千人も動けません。今でさえ他の場所での訓練でガラ空きの普天間。そうした本当のところを伝えないマスコミは、手品で言えば、耳が大きくなるようなニュースで注目を浴びたいだけですね。
僕は軍事専門家では当然ないけど、韓国の生き残った艦艇員の事情の話など「調査書」になく、撃たれること自体に、なぜ?どんな理由から当ったか?との想いです。
2010年05月25日 20:44
さとし君様、コメントありがとう。今日は蒸し暑かったのですわ。
私も軍事の素人ですが、北朝鮮が本気で沈没させようと攻撃したのか?それとも間違って、ぶつかってしまったのか?その判断はどなたがするの???
要するに真相は中国と北の将軍様だけが知っているのではないだろうか?  あまり朝鮮半島のことで、騒がない方がいいと思います。とにかく今日の東証はまた株安ですから。

この記事へのトラックバック