澤地久枝さん>報道ステーション

今日は、なんだか不思議な天気でした。雨が降るような降らないような。天気がよくても低温であったか?でも湿度は高かった。コアラママ、息子の帰りが遅く、その後また、朝、早く起こし、いろいろやっている間に疲れました。



あまりテレビのニュースを見ていません。ただ、なんとなく、社民党の福島党首はアホで頑固である・・というような感じのニュースを聞きましたが、なぜです?社民党は今が踏ん張りところです。連立から離脱しようとしまいと、メリットはあまりありません。ですから、所信貫徹で今の通り、そのままダメはダメでいいと思うが。



小手先の話を聞いても虚しくなるだけです。今日の報道ステーションは、澤地久枝さんが出られました。短い時間でしたが、とても簡潔に的確にお話しになりました。今日はブログを休むか?と思ったのですが。澤地さんの言葉だけでも書いておこうか?と。



メモしたわけではありませんから、正確ではありませんが。澤地さんは言われました「日米安保を変える以外、問題の解決はないでしょう?沖縄の負担を減らしたい。だが、他の県は移設されるのが嫌だという。これは日米安保を変える時期に来ていると思います」



「また、憲法9条を守る、交戦権はこれを認めない・・というのはなぜか、笑われるのですが。でもどこの国でも最終的に目指すのはこれにつきると思います。」BY澤地さん



コアラママもそのように思います。小手先で日米合意などやってみても、地元が反対していたら、基地移設はできません。朝鮮半島が緊張していますが。沖縄の海兵隊がいなくとも、他にたくさんの米軍基地が日本にはありますからね。十分、抑止になっていると思います。



そして、最後に、それでもなお「憲法9条」を守ることは絶対に変えないで欲しいと思うのです。米軍の基地はいらない・・というと、だから、日本は自国の軍隊を作り核武装までした方がいいという人が出て来ますが。コアラママは、その意見に反対です。「憲法9条」を守るは、一歩も譲らず、しかし、普天間も譲らず。電磁波の関係でここまで



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック